DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D02 福井県立大学 >
D02-200 研究紀要 >
01 福井県立大学論集 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/6670

タイトル: ふたりの宗教家にみる功徳の転換性の様相-救癩事業をめぐる比較思想史的考察-
著者: 輪倉, 一広
キーワード: 救癩事業
功徳の転換性
岩下壮一
綱脇龍妙
神山復生病院
代償の教理、廻向の教理
発行日: 28-2月-2011
掲載誌: 福井県立大学論集
資料タイプ: Article
URI: http://hdl.handle.net/10461/6670
出現コレクション:01 福井県立大学論集

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
輪倉一広先生.pdf443.33 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。