DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D03 福井工業大学 >
D03-200 研究紀要 >
03 福井工業大学研究紀要 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/4236

タイトル: 踏切通行者の行動実態と警報時分の最適化に関する一考察
その他のタイトル: A Study of the Optimization of Bell-Ringing Intervals in Relation to the Behaviors of Persons and Vehiches Passing Through Railroad Crossings
著者: 長浜, 友治
NAGAHAMA, Tomoharu
発行日: 1988
掲載誌: 福井工業大学研究紀要
巻: 18
URI: http://hdl.handle.net/10461/4236
出現コレクション:03 福井工業大学研究紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000147240.pdf661.55 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。