DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D03 福井工業大学 >
D03-200 研究紀要 >
01 福井工業大学研究紀要. 第一部 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/3319

タイトル: 材料物性を活用した超長期自記環境記録装置[千年時計]の開発 : 背景と基本方針
その他のタイトル: Development of Ultra-long Slf-recording System [Thousand year clock]Utilizing Material Properties under Stress : Background and basic plan
著者: 岡田, 東一
柴田, 俊一
伊藤, 哲夫
萩原, 武士
兼田, 利勝
Okada, Toichi
Shibata, Toshikazu
Itoh, Tetuo
Hagihara, Takeshi
Kaneda, Toshikazu
キーワード: Creep properties
Time capsule
Ultra-long self-recording system
Bimetal
Scratch system
発行日: 2001
掲載誌: 福井工業大学研究紀要. 第二部
巻: 31
URI: http://hdl.handle.net/10461/3319
出現コレクション:01 福井工業大学研究紀要. 第一部

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000202010.pdf672.62 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。