DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
210 医学部 >
214 学位論文 >
01 博士論文(医学)-要旨 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/26474

タイトル: BIMEL is a key effector molecule in oxidative stress-mediated apoptosis in acute myeloid leukemia cells when combined with arsenic trioxide and buthionine sulfoximine
その他のタイトル: 急性前骨髄性白血病細胞において亜ヒ酸/buthionine-sulfoximine 併用療法で増強される酸化ストレス応答性アポトーシスはBIMELが重要なエフェクター分子である
著者: 田中, 幸枝
Tanaka, Yukie
キーワード: Arsenic trioxide
Buthionine sulfoximine
Mitochondrial apoptosis
BIMEL
MCL1
BAX
発行日: 23-3月-2015
資料タイプ: Thesis or Dissertation
記述: 以下に掲載:BMC Cancer 14 pp.27-38 2014. BioMed Central 共著者:Yukie Tanaka, Takayuki Komatsu, Hiroko Shigemi, Takahiro Yamauchi, Yutaka Fujii
URI: http://hdl.handle.net/10098/8849
http://hdl.handle.net/10461/26474
出現コレクション:01 博士論文(医学)-要旨

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
(要旨)医博乙240田中 幸枝.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。