DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
210 医学部 >
214 学位論文 >
01 博士論文(医学)-要旨 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/26469

タイトル: The co-occurrence of zinc deficiency and social isolation has the opposite effects on mood compared with either condition alone due to changes in the central norepinephrine system
その他のタイトル: 亜鉛欠乏と社会的隔離の同時負荷は、情動に対しノルエピネフリン神経系の変化を介して各々の単独負荷とは逆の効果をもたらす
著者: 三屋, 博宣
Mitsuya, Hironori
キーワード: Zinc deficiency
Social isolation
Elevated plus maze test
Forced swim test
Cerebral norepinephrine concentration
Norepinephrine transporter
発行日: 23-3月-2015
資料タイプ: Thesis or Dissertation
記述: 以下に掲載:Behavioural Brain Research 284 pp.125-130 2015. Elsevier 共著者:Hironori Mitsuya, Naoto Omata, Yasushi Kiyonob, Tomoyuki Mizunoa, Tetsuhito Murataa, Kayo Mita, Hidehiko Okazawa, Yuji Wada
URI: http://hdl.handle.net/10098/8846
http://hdl.handle.net/10461/26469
出現コレクション:01 博士論文(医学)-要旨

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
(要旨)医博甲392三屋 博宣.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。