DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
310 大学院工学研究科・工学部 >
311 学術雑誌論文 >
01 雑誌等掲載論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/26429

タイトル: 実験と解析による曲げロールの押込み量の導出:眼鏡フレーム用チタン合金線材の高精度ロール曲げ
その他のタイトル: Deriving position of bending roll by experiment and analysis:High precision roll bending of titanium alloy wire for glasses frame
著者: 佐々木, 善教
大津, 雅亮
松村, 正三
森下, 和幸
田中, 大樹
八木, 秀樹
関根, 雄一郎
浅川, 基男
キーワード: Titanium alloy
Bending
Positioning
Numerical control
Accuracy
発行日: 8月-2014
出版者: 日本機械学会
掲載誌: 日本機械学会論文集
巻: 80
号: 816
資料タイプ: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10098/8658
http://hdl.handle.net/10461/26429
ISSN: 03875008
出現コレクション:01 雑誌等掲載論文

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
1000932605.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。