DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
210 医学部 >
214 学位論文 >
01 博士論文(医学)-要旨 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/26407

タイトル: Blockade of interleukin-6 signaling inhibits the classic pathway and promotes an alternative pathway of macrophage activation after spinal cord injury in mice
その他のタイトル: マウス脊髄損傷モデルにおいてIL-6シグナルの遮断は、マクロファージの代替活性化を促進し、組織修復、運動機能回復に関与する
著者: Guerrero, Alexander Rodriguea
ゲレロ, アレキサンデル ロドリーゲス
キーワード: Spinal cord injury
Interleukin (IL)-6/IL6 receptor (R)
Alternatively activated macrophage
Arginase 1
Inducible nitric oxide synthase (iNOS)
T helper (Th) cytokine
発行日: 24-3月-2014
出版者: BioMed Central Ltd.
資料タイプ: Thesis or Dissertation
記述: 以下に掲載:Journal of Neuroinflammation 9(40) pp.738625-738625 2012. BioMed Central. 共著者:Alexander Rodriguez Guerrero, Kenzo Uchida, Hideaki Nakajima, Shuji Watanabe, Masaya Nakamura, William EB Johnson, Hisatoshi Baba
URI: http://hdl.handle.net/10098/8447
http://hdl.handle.net/10461/26407
出現コレクション:01 博士論文(医学)-要旨

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
(要旨)医博甲373ロドリゲス・アレキサンデル.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。