DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
310 大学院工学研究科・工学部 >
311 学術雑誌論文 >
01 雑誌等掲載論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/26362

タイトル: 不確定パラメータの凸包モデルに基づく最悪状態改善の構造シンセシス
その他のタイトル: Structural Synthesis for the Worst Case Mitigation Based on the Convex Set of Uncertainty
著者: 吉川, 暢宏
桑水流, 理
中桐, 滋
YOSHIKAWA, Nobuhiro
KUWAZURU, Osamu
NAKAGIRI, Shigeru
キーワード: Finite Element Method
Optimum Design
Reliability
Sensitivity Analysis
Non-Probabilistic Method
Convex Set
Worst Case
Lagrange Multiplier Method
発行日: 25-12月-1998
出版者: 社団法人 日本機械学会
掲載誌: 日本機械学会論文集(A編)
巻: 64
号: 628
資料タイプ: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10098/2068
http://hdl.handle.net/10461/26362
ISSN: 03875008
出現コレクション:01 雑誌等掲載論文

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
日本機械学会論文集A編64(628).pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。