DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
210 医学部 >
212 研究紀要(研究雑誌) >
福井大学医学部研究雑誌 4巻(2003)+ >
第15巻(2015) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/25751

タイトル: 蛍光標識二次元ディファレンスゲル電気泳動による三方湖産と緑川産タナゴの水晶体タンパク質組成の比較
その他のタイトル: Comparison of Lens Protein Composition of the Endangered Bitterlings Inhabiting in the Mikata Lake and the Midori River by 2 Dimensional Fluorescence Difference Gel Electrophoresis(2D-DIGE)
著者: 川内, 一憲
川崎, 隆徳
田中, 幸枝
小鍛治, 優
木元, 久
藤井, 豊
Kawauti, Kazunori
Kawasaki, Takanori
Tanaka, Yukie
Kokaji, Masaru
Kimoto, Hisashi
Fujii, Yutaka
キーワード: タナゴ
三方湖
タンパク質
水晶体
2D-DIGE
striped bitterling
Mikata lake
protein
lens
発行日: 1月-2015
出版者: 福井大学医学部
掲載誌: 福井大学医学部研究雑誌
巻: 15
号: 1
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10098/8703
http://hdl.handle.net/10461/25751
ISSN: 1348-8562
出現コレクション:第15巻(2015)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
4igakubu15-1.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。