DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
210 医学部 >
214 学位論文 >
01 博士論文(医学)-要旨 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/25597

タイトル: Antidiuretic effect of antimuscarinic agents in rat model depends on C-fibre afferent nerves in the bladder
その他のタイトル: ラット利尿モデルにおける膀胱のC線維を介した抗コリン薬の抗利尿効果の検討
著者: 渡邉,望
Watanabe, Nozomu
キーワード: antimuscarinic
antidiuretic
C-fibre;bladder
urine production
発行日: 28-6月-2013
資料タイプ: Thesis or Dissertation
記述: 以下に掲載:BJU International 112(1) pp.131-136 2013. Wiley. 共著者:Nozomu Watanabe, Hironobu Akino, Tetsuyuki Kurokawa, Minekatu Taga, Ryusei Yokokawa, Kazuya Tanase, Keiko Nagase, Osamu Yokoyama
URI: http://hdl.handle.net/10098/8277
http://hdl.handle.net/10461/25597
出現コレクション:01 博士論文(医学)-要旨

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
(要旨)医博甲360渡邉 望.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。