DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
310 大学院工学研究科・工学部 >
312 研究紀要(研究報告) >
技術部活動報告集 1(1955)+ >
Vol.15(2009年度) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/24701

タイトル: 公開請座等に向けたマイクロプロセツサによる電子回路のプログラム制御学習指導のための製作技術の習得
著者: 白井, 治彦
本堂, 義記
岡井, 善四郎
松山, 幸雄
篠, 競
水野, 広治
発行日: 31-3月-2010
出版者: 福井大学工学部技術部技術部活動報告集編集委員会
掲載誌: 技術部活動報告集
巻: 15 (2009年度)
資料タイプ: Research Paper
記述: 本研修では,マイクロプロセッサを利用した電子機i器等のプログラム制御学習を目的に行なわれ る中高生向けの公開講座等の地域活動企画や,電子・情報系学部学生の基礎実験のテーマに役立て るための製作技術や指導方法の習得を目指した。 ここではマイクロプロセッサとLて制御用lCのひとつであるPIC (Peripheral Tnterface ControUer)を用いたPICは比較的安価で一般に広く利用されているICで, 種額により規艇の大 小はあるがプログラムによる入出力やタイマー, AD変換制御など一通りのCPUの機能がある 研修では,まず受講者全員がPICの基本動作やc言語を用いたプログラミングおよび開発環境ソ フトウェアを利用した基礎技術を習得した.また,研修受講者全日の集合研修による電子回路の製 作やその制御プログラミング学習を行ない,その後,各自で公IJH講座企画等に役立つようなPICを 中心とした応用電子回路およびそのプログラミングについて設計・製作した 中高生などプログラミングの初心者では,プログラム構造とその制御動作を闘速させて理解する のは困難であるそのため,プログラム開発部分はブラックボックス化される場合が多いそのた め,本研修では少しでも初心者がコンピュータと周辺機器とのインターフェイスおよびその制御プ ログラム等の動作が少しでも理解できるような新たな学習指導方法の構築も併せて検討した
URI: http://hdl.handle.net/10098/7266
http://hdl.handle.net/10461/24701
出現コレクション:Vol.15(2009年度)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
gijyutubu-15-1.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。