DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
310 大学院工学研究科・工学部 >
312 研究紀要(研究報告) >
福井大学工学部研究報告 1(1952)-54(2006) >
第24巻(1976) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/23618

タイトル: 液液抽出後回液分離分析法 : ビロリジンジチオカルパミン酸アンモニウムーナフタリン抽出による銅,コバルト,ビスマスの吸光光度定量
その他のタイトル: Solid-Liquid Separation after Liquid-Liquid Extraction. -Spectrophotornetric Deterrnination of Copper, Cobalt and Bisrnuth after Extraction of their APDC Complexes with Molten Naphthalene-
著者: 清水, 正明
谷口, 和幸
佐竹, 正忠
SHIMIZU, Masaaki
TANIGUCHI, Kazuyuki
SATAKE, Masatada
発行日: 9月-1976
掲載誌: 福井大学工学部研究報告
巻: 24
号: 2
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10098/4581
http://hdl.handle.net/10461/23618
ISSN: 04298373
出現コレクション:第24巻(1976)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
AN00215401-024-02-024.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。