DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
310 大学院工学研究科・工学部 >
312 研究紀要(研究報告) >
福井大学工学部研究報告 1(1952)-54(2006) >
第16号(1968) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/22937

タイトル: 相関ある2個のN次元酔歩過程として眺めた不規則信号波の結合強度変動
その他のタイトル: Joint Intensity Fluctuation of Random Signals Investigated as the Problem of Two Correlative Series of N-Dimensional Random Walks
著者: 太田, 光雄
OHTA, Mitsuo
発行日: 3月-1968
掲載誌: 福井大学工学部研究報告
巻: 16
号: 1
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10098/4856
http://hdl.handle.net/10461/22937
ISSN: 04298373
出現コレクション:第16号(1968)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
AN00215401-16-01-001.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。