DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
310 大学院工学研究科・工学部 >
312 研究紀要(研究報告) >
福井大学工学部研究報告 1(1952)-54(2006) >
第49巻(2001) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/22709

タイトル: 抵抗ろう接したチタン合金継手の引張強さに及ぼす銅基ろう材中ニッケル量の影響
その他のタイトル: Effect of Ni/Cu Ratio in Copper-Based Brazing Filler Metal on the Tensile Strength of Resistance-Brazed Titanium Alloy Joints
著者: 竹下, 晋正
村瀬, 晃生
TAKESHITA, Kunimasa
MURASE, Akio
キーワード: brazing
resistance brazing
rapid cooling
tensile strength
titanium alloy
copper-based brazing filler rnetal
発行日: 3月-2001
掲載誌: 福井大学工学部研究報告
巻: 49
号: 1
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10098/3259
http://hdl.handle.net/10461/22709
ISSN: 04298373
出現コレクション:第49巻(2001)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
AN00215401-049-01-001.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。