DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
310 大学院工学研究科・工学部 >
312 研究紀要(研究報告) >
福井大学工学部研究報告 1(1952)-54(2006) >
第51巻(2003) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/22556

タイトル: <研究報告>万華鏡は微妙なパターンの違いを拡大できるか? : 医療超音波RF信号時系列解析への応用
その他のタイトル: Can a Kaleidoscope Magnify Tiny Differences of Patterns? : An Application to a Time-Series Analysis of RF Echo Signal of Ultrasonic Diagnostic System
著者: 平田, 隆幸
藤原, 郁弥
藤本, 研治
園山, 輝幸
原田, 烈光
HIRATA, Takayuki
FUJIWARA, Ikuya
FUJIMOTO, Kenji
SONOYAMA, Teruyuki
HARADA, Akimitsu
キーワード: Kaleidoscope
Rotation Symmetry Pattern
Nonlinear
Time-Series
RF Echo Signal
発行日: 30-9月-2003
掲載誌: 福井大学工学部研究報告
巻: 51
号: 2
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
引用: 福井大学工学部研究報告,51(2),2003,p.215-220
URI: http://hdl.handle.net/10098/832
http://hdl.handle.net/10461/22556
ISSN: 04298373
出現コレクション:第51巻(2003)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
KJ00000147550.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。