DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
210 医学部 >
212 研究紀要(研究雑誌) >
福井大学医学部研究雑誌 4巻(2003)+ >
第08巻(2007) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/22253

タイトル: ドイツにおける安楽死論争の一断面 : 緩和医療vs.積極的安楽死
その他のタイトル: Ein Schnitt der Debatte um die Sterbehilfe in Deutschland – Palliativmedizin vs. aktive Sterbehilfe –
著者: 山本, 達
YAMAMOTO, Tatsu
キーワード: Sterbehilfe
Autonomie des Patienten
Fursorge
palliativmedizinische Masnahmen
medizinische Indikationsstellung
発行日: 11-12月-2007
出版者: 福井大学医学部
掲載誌: 福井大学医学部研究雑誌
巻: 8
号: 1/2
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
引用: 福井大学医学部研究雑誌,8(1/2),2007,p.1-9
URI: http://hdl.handle.net/10098/1635
http://hdl.handle.net/10461/22253
ISSN: 13488562
出現コレクション:第08巻(2007)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
p01_ドイツにおける.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。