DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
510 附属教育実践総合センター >
512 研究紀要 >
福井大学教育実践研究 第25号,27号,32号(2007)+ >
第35号(2010) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/22184

タイトル: 日常事象を数学化するための単元デザインと学びの構想 : 協同的な学びの中で、事象に能動的に働きかける
著者: 大正, 秀哉
キーワード: 連立方程式
一次関数
単元の融合
習得と探究
学びの必然性
協同的な学び
発行日: 18-2月-2011
出版者: 福井大学教育地域科学部附属教育実践総合センター
掲載誌: 福井大学教育実践研究
巻: 35
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10098/3096
http://hdl.handle.net/10461/22184
ISSN: 13427261
出現コレクション:第35号(2010)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
教育実践35-15.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。