DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D01 福井大学 >
310 大学院工学研究科・工学部 >
312 研究紀要(研究報告) >
福井大学工学部研究報告 1(1952)-54(2006) >
第40巻(1992) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/20402

タイトル: 核磁気共鳴(NMR)法を用いたホスト・ゲスト包接錯体の離定数(Kd)算定へのー工夫
その他のタイトル: New Strategy for the Evaluation of the Dissociation Constant (Kd) of the Inclusion Host-Guest Complex, with Use of Nuclear Magnetic Resonance (NMR) Spectral Method
著者: 高橋, 一朗
野村, 哲士
北嶋, 英彦
TAKAHASHI, Ichiro
NOMUR, Akihiko
KITAJIMA, Hidehiko
発行日: 3月-1992
掲載誌: 福井大学工学部研究報告
巻: 40
号: 1
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10098/3765
http://hdl.handle.net/10461/20402
ISSN: 04298373
出現コレクション:第40巻(1992)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
AN00215401-040-01-002.pdf

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。