DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D04 仁愛大学 >
D04-100 学術雑誌論文 >
01 雑誌等掲載論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/15150

タイトル: Maxi-anion channel and pannexin 1 hemichannel constitute separate pathways for swelling-induced ATP release in murine L929 fibrosarcoma cells
著者: Islam, Md. Rafiqul
Uramoto, Hiromi
Okada, Toshiaki
Sabirov, Ravshan Z
Okada, Yasunobu
浦本, 裕美
発行日: 2012
出版者: American Physiological Society
掲載誌: American journal of physiology. Cell physiology
巻: 303
資料タイプ: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10461/15150
ISSN: 03636143
出現コレクション:01 雑誌等掲載論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
AmJPhysiolCellPhysiol_v303_pC924-935.pdf1.33 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。