DSpace DSpace
 

Community Repository of Fukui (CRFukui) >
D03 福井工業大学 >
D03-200 研究紀要 >
01 福井工業大学研究紀要. 第一部 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10461/13102

タイトル: 感温性高分子を用いた水中微量重金属の分離・濃縮に及ぼす錯形成剤の影響
その他のタイトル: Effect of chelating agents on preconcentration of trace heavy metals in aqueous solutions by thermoresponsive polymer-mediated extraction
著者: 田中, 智一
Tanaka, Tomokazu
三木, 義三
Miki, Yoshizo
キーワード: preconcentration
polymer-mediated extraction
N-isopropylacrylamide
chelating agent
trace heavy metal ion
8-Quinolinol
発行日: 2-8月-2012
掲載誌: 福井工業大学研究紀要
号: 42
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10461/13102
出現コレクション:01 福井工業大学研究紀要. 第一部

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kiyou4247.pdf2.5 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。